MacBookPro Retina15購入、、、

ついにMac購入していまいました、FEです。

本日はかなりの肉体労働でしんどかったです、ただし終わってからの空が気持ちよかったのでOKです。
f0015537_23174128.jpg


さてさてMacbookの購入に至った経緯は対したことがありません。
最近FBにて先輩や知人が新しいレンズを購入しているとの報告が相次ぎ、さらにカメラ購入を考えているという方からも相談され物欲が限界に達してしまったからです。

この間書いた通り元々どうしようかと迷ってヨドバシまでいじりに行ったわけですがどうしようか考えておりました。
悩んだ理由は同じようなこと書いてあるサイトがいくらでもありますが、大きさです。
元々13inchを買うつもり満々でございました。
ただストアに行き改めて15inchを見たところ迫力があり、外部出力前提なのもあり迷いの坩堝へ。
そんな中Appleのサイトにて整備済み品の15inchを発見。
整備済み品はご存知の通り一旦問題があって戻ってきた製品を部品交換、検査して再出荷したものです。
その為通常品よりも価格が安いのです、まぁ新古品+チェックしましたですね。
(仕事柄チェックした項目はしっかり書類で添付してほしかったですけど)
新品で買うよりアバウト3万くらい安くなっていたためポチりました。それでも13inch買うよりは高いですが。
15inchでもいいかなと思った理由には昨年壊れるまではノートPCの15inchを使用していたというのもあります。(もちろんWindows)
すでにキーボード付きの泥タブは保持していましてそいつの解像度もRetinaクラス、どうせなら差別化を図ろうと考えたところ15inchでも困らないなぁと思い至りました。

あ、Win党から乗り換えるときに気になったことがひとつ。
あまり触れられておりませんがキーボードが全然違います。
キーの配置ではなくキーピッチのことです。
もちろんWinにもいろいろな製品があり、単品購入でみなさま好き好きでしょうがMacBookのキーピッチが広いです。
先週ヨドバシにいった時にも私的に気になっていました。
私は比較的と言いますか、かなりキーピッチが狭いものが好きです(ZEROくらいが一番)
15Inchのスペックで外付けディスプレイ使うので別に購入すればいいのですが、ちょっと気になったので書いておきます。
まぁその感覚を味わうために今Macにてブログ記事書いています。

そういえばMac購入者のブログ恒例の開封の儀式ですがやるとしても後日です。
もちろん写真は撮っておきましたが整備品の為普通の箱ではありません。
宅配の箱開けたらそのまま出てきました。箱が捨てられない私には捨てやすくていいです。

そんなわけで本日はこの記事書いたら仕舞います、明日明後日でいろいろと。
あ、まだカラーマネジメントしていないのと購入しっぱなしだと感覚で輝度がちょっと高い。
Mac自体が初めての為いじっていきたいと思います。


それではまた次回の更新で
by nfeik | 2015-04-22 23:36
<< MacBookの置き場所 仕事中のカメラ >>